銀座で評判の着付け教室ランキング!口コミで人気の着付け教室を厳選しました。

着付け技能検定とは?検定内容を詳しく解説!

着物を日常的に着用する方は少ないですが、結婚式や入学式などに出席する衣装として着用する方は多いものです。そして、普段着ることの少ない着物ですが、着付けの技術を学びたいという方は一定数います。また、着付けを学ぶことで着物の資格について興味を持つ方もいるでしょう。

着付け技能検定とは

普段着として着用されることの少なくなってしまった着物ですが、お子様の入学式や卒業式、結婚式などのイベントで着用する衣装としてはまだまだ人気です。また、日本の伝統的な衣装である着物は、普段着用する機会がなくても、着付けを学んでおきたいという方が一定数います。そのため、着付けを教えるスクールは全国各地にあり、多くの生徒が着付けを学んでいるのです。

そして、着物について学ぶ中で、せっかくなら着物の資格を取得しようと考える方も少なくないでしょう。着物に関する資格にはさまざまなものがあります。しかし、ほとんどが国家資格ではなく民間が認定している資格なのです。そして、民間資格であれば、民間の審査機関が定める基準や審査をクリアすることで、比較的簡単に資格を取ることができます。

そして、民間の期間が定める資格を取得する場合は、教室に通い、該当の講座を受講することで多くの資格を取ることができます。たとえば、運転免許証を取るためには、教習所に通って運転を練習したり、授業を受けたりすることで多くの方が試験に合格できるでしょう。着物に関する資格も同様に、講座を受けることでとれる資格があるのです。

一方、着物に関する資格の中で、「着付け技能士」は唯一、国が認定しています。難易度が高く、取るのが難しい資格に分類されており、初心者から取得を目指す場合は、半年以上かかるケースがほとんどです。

さらに、人によっては取得までに2年以上かかる方も一定数います。また、検定には1級と2級があり、1級のほうが2級に比べて合格難易度が高く設定されています。さらに、着付け技能検定では学科試験と実技試験があるため、資格を取得するためには両方の試験をパスする必要があるようです。

着付け技能検定の受検資格

着付けスクールの特定のカリキュラムを受けることで資格を取ることが可能です。一方、民間資格ではなく国が認定している資格の場合、指定された機関で試験を受けなければなりません。

さらに、学科と実技試験の両方の試験をパスすることが必須ですが、それぞれに受験資格が設けられているのが特徴です。そして、受験するには実務経験の基準が設けられているため、そもそも受けられない場合も少なくありません。

もちろん、実務経験を積むことは簡単なことではありません。たとえば、2級の学科の受検資格を獲得するには最大2年、1級には最大5年が必要です。そして、学科試験を合格した方だけ実務試験の受験資格を得ることができる仕組みです。

ただし、職業訓練指導員免許を持っている方や、着付け職種技能検定などの特定の試験の検査員(問題作成または実技採点)を2年以上務めている方などは、学科試験を免除されます。

着付け技能検定の試験科目と範囲

試験は、学科試験と実技試験の2つがあります。まず、学科試験では、試験時間60分で、選択形式や記述形式の問題が出されるようです。試験は100点満点となっており、1級を合格するためには70点以上、2級を合格するためには60点以上の点数を獲得していることが条件です。

また、出題範囲は1級と2級で異なり、2級は着物の知識や名称、着物の各着付けの心得や作法に関して11分野から出題されます。一方、1級は2級の出題範囲である11分野に加え、繊維の知識を加えた合計12分野から問題が出される仕組みです。

そして、2級の技能試験では、指定されている時間内に訪問着や浴衣、付下げ、街着、訪問着、付下げ訪問着の合計6種類の着付けができる技術があるかどうかを審査されます。1級の技能試験では、2級と同様に時間制限がある中で試験を行います。1級の技能試験2級で出題範囲となっている5種類の着物に加え、4種類の着物を加えた合計9種類の着物に関する着付けができるかどうかを審査されるようです。

ただし、資格を持っていなければ着付けをしてはいけないという定めはありません。しかし、検定に合格すると、着物や着付けに関する確かな知識や技術を有していることの証拠になるのです。そのため、将来的に着付けを教える講師になりたい、着物に携わる仕事に就きたいという場合は、資格の取得を検討することをおすすめします。

 

着付けに関する国家資格に着付け技能士というものがあります。国土交通省の認定する機関で試験を受け、審査基準をクリアすると資格を取ることが可能です。ただし、受験資格が定められているため、資格の取得を検討する場合は、まず受験資格のクリアが求められます。そして、着付け技能士を取得すると、着付けに関する豊富な知識や技術が証明されるため、着付けの仕事をするうえで有利になるでしょう。

サイト内検索
記事一覧

【銀座】おすすめの着付け教室一覧

イメージ
会社名青華きもの学院彩きもの学院青山きもの学院いち瑠日本和装
特徴理論化されたカリキュラムと徹底した丁寧な指導が特徴襟元の美しさと着崩れしない着付けに自信をもつ本格的かつ自由度の高い手結びによる着付けが学べる少人数制・着物一式無料レンタルで初心者が通いやすいスクール入会金・受講料が一切かからないため気兼ねなく学べる
詳細リンク