銀座で評判の着付け教室ランキング!口コミで人気の着付け教室を厳選しました。

着付け教室で取得が目指せる資格の種類について詳しく解説!


着付け教室に通うと着物の着付けを覚えられるだけでなく、資格を取得して職業につなげることもできます。では、実際に着付け教室で取得できる資格には、何があるのでしょうか?この記事では、着付け教室で取得が目指せる資格の種類について、詳しく解説を進めていきます。これから着物に関する資格取得をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

着付け教室で取得が目指せる資格の種類

ここでは、着付け教室で取得が目指せる資格の種類について、まとめています。

三級着付講師

着付け教室で一定のカリキュラムを修め、筆記・実技試験に合格することで取得できる資格です。普段着・フォーマル着を自分で着付けして帯を結べるようになること、そして他人に着付けをするための技術まで習得することを、目的としています。

着付講師認定証(二級または一級)

いずれも筆記・実技試験に合格することで取得可能です。二級では振袖や留袖のひもを使い、帯結びなどより高度な技術の習得を目指します。そして、一級では帯結びをはじめ着付け教室の運営方法、生徒に着付けを教えるための技術、花嫁衣裳の着付けなどの習得も目指します。

きものコンサルタント

日本の伝統であるきもの文化のプロフェッショナルとして、着付け指導・礼法・装道哲学に基づく美しい生き方を人に伝えていける人物になることを目指す資格です。こちらも実技・筆記試験に合格することで取得できます。

着付け技能士

着物に関する多くの資格は民間資格ですが、こちらは珍しく国家資格とされています。1級と2級があり、いずれも職業能力開発促進法に基づいた指定試験機関の実施による実技・学科試験に合格することで取得が可能です。また、受験資格を得るために2級なら最大2年、1級なら最大5年の実務経験が必須となります。

着付け教室で資格を取得するまでにかかる期間と難易度

ここからは、着付け教室で資格を取得するまでにかかる期間と、難易度についてまとめていきます。

資格取得にかかる期間は?

取得したい資格の種類にもよりますが、まったくの初心者から始めた場合は半年または1年以上の期間が必要です。とくに、花嫁衣裳の着付けをするための資格を取得する際は、約2年もの歳月を要することもあります。

資格取得における難易度

難易度は目指す資格によって変動しますが、「自分で教室を開けるレベル」まで到達することを考えると、着物や帯の種類を熟知しているのをはじめ、TPOに合わせたコーディネート、帯の結び方、和装時の立ち居振る舞いやマナー、そして他人に着物をきれいに着せてあげられる技術が必要です。難易度はかなり高いといえますが、時間をかけて学習すれば問題ありません。

費用も難易度の1つかも

着付け教室で資格を取得する際ですが、費用も難易度の1つといえるかもしれません。まず、着付け教室は入学金で3,000円前後、そして受講料で毎月7,000円~8,000円の月謝が相場です。そして、一定のレベルまで技術を高めるなら、少なくとも約1年は通う必要があります。

しかし、資格取得を目標とするなら受講料自体が高額になるため、10万円以上かかることを覚悟しましょう。つまり、それだけのお金を自分で準備しなくてはなりません。

着付け教室を選ぶ際のポイント

ここでは着付け教室を選ぶ際のポイントについて、まとめています。

受講スタイル

同じ着付け教室でも、マンツーマン形式だったりグループ形式だったりと、教室によって受講スタイルが異なります。マンツーマン形式ならスピーディかつ効率的に学習できますし、講師との距離も近いため学習内容の幅も広がります。

一方、グループ形式なら周りの仲間たちから刺激を受け、楽しく学習できるでしょう。自分の中で着付け教室へ通う目的を整理し、それに合った受講スタイルの教室を選ぶことをおすすめします。

時間帯

自分の生活スタイルに合った時間帯の教室を、必ず選んでください。仕事などでレッスンに行けなくなり、別の日に振り替えてもらうことがしばしばあると、モチベーションも下がってしまいがちです。また、カリキュラムにもついていけなくなる可能性があります。そのため、通う前に「時間帯が自分に合うか?」を確認することが重要です。

着物の購入を強制されないか?

どこの教室も、お金が入ってこなければ運営できません。あまりに授業料が安いところは、着物の購入を強く勧められる可能性があるため、注意しましょう。授業料を安くする代わりに、展示会や販売会で生徒に着物や小物を買ってもらうことで運営費用を賄っている可能性があります。ただし、自治体が公民館などでボランティアとして開催している教室に関しては、その限りではありません。

 

着付け教室で取得が目指せる資格の種類について、解説してきました。着物に関する資格はその多くが民間資格ですが、なかには着付け技能士のように国家資格として信頼性のより高いものもあります。普段は着物を着る機会があまりないため「着付けができても需要はあまりないのでは?」と思いがちですが、テーマパークの貸衣装や外国人観光客など、着付けの需要は現在も伸び続けています。ぜひ資格を取得し、広く活躍しましょう。

サイト内検索
記事一覧

【銀座】おすすめの着付け教室一覧

イメージ
会社名青華きもの学院彩きもの学院青山きもの学院いち瑠日本和装
特徴理論化されたカリキュラムと徹底した丁寧な指導が特徴襟元の美しさと着崩れしない着付けに自信をもつ本格的かつ自由度の高い手結びによる着付けが学べる少人数制・着物一式無料レンタルで初心者が通いやすいスクール入会金・受講料が一切かからないため気兼ねなく学べる
詳細リンク